社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > お通夜・お葬式 > お通夜の服装

お通夜の服装

カテゴリ:[ お通夜・お葬式 ]

会社の関係で訃報を受けた場合、
お通夜は、その日の夜であることが多いです。

そのため私は、仕事の帰りに

お通夜に駆けつけることがほとんどでした。

急な訃報のときに限って、
ベージュやライトグレーなど明るいスーツを着ていることが多く、
大変後悔した覚えがあります。

可能であれば社内に1着、
上下とも黒のスーツを用意しておくと
いざというとき困りません。

ただ、ロッカーの関係などで難しい場合は、
明るい色のスーツでも構わないので駆けつけましょう。

本来お通夜は、「急いで駆けつけました」という気持ちが伝わるので、
服装に厳しい決まりはありません。

しかしながら、腕時計やアクセサリーなどは外し、
お悔やみの気持ちを表したほうがいいと思います。

スカートスーツの場合は、
コンビニで黒のストッキングを買って履き替えるほうがいいですね。
男性は、ネクタイを黒一色のものに。

また、数珠も必ず持参しましょう。
たいていは、社内の総務部に問い合わせれば、
借りることが可能です。