社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > お通夜・お葬式 > 香典はいくら用意する?

香典はいくら用意する?

カテゴリ:[ お通夜・お葬式 ]


会社関係の弔事ならば、
「香典は辞退させていただきます」ということがほとんど。

もし香典を受け取っていただけるようなら、

包む金額は社内で相談しましょう。

個人的に香典を包む場合は、
20代なら3,000円・30代なら5,000円程度が相場です。

また、香典袋の水引きは
「二度と起こってほしくないこと」という意味を込めて
ほどけることのないむすび切りを選びます。

水引きの色は、白黒のものが一般的です。
表書きは、「御霊前」と書いてあるものを。

表書きの下に、自分の名前をフルネームで書きますが、
このときペンは薄墨のものを使用しましょう。

薄墨を用意できない場合は、
黒の筆ペンでも大丈夫。
ただし、サインペンで書くのは避けましょう。

中に入れるお札は、結婚式の場合とは異なり、
新札ではないものを用意しましょう。

もしも新札しか手持ちがない場合は、折り目をつけて入れましょう。
これは、新札だとあらかじめお通夜やお葬式を
想定していたかのように思えるからです。

結婚式と違い、お通夜やお葬式は予測不能な事態なので、
新札を入れるのはタブーだと覚えておきましょう。