社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式の持ち物 > ふくさを用意しましょう

ふくさを用意しましょう

カテゴリ:[ 結婚式の持ち物 ]

ご祝儀袋は、そのまま持っていくのではなく、
ふくさに包むのがマナーです。

真っ白な汚れやすいご祝儀袋を、

丁寧に包んで大切に会場まで持っていくことで、
新郎新婦に対するお祝いの気持ちを表現します。

ふくさは、百貨店などで買うことができますが、
上質な素材にこだわらなければ通販でも購入が可能です。

ふちに小花柄が彩られたものなど、
かわいいデザインのものもあるので、
せっかくなのでお気に入りを用意するといいかもしれませんね。

素材は、基本的にはちりめん。
色は、赤や黄色などおめでたい色を選びますが、
紫なら慶弔両用が可能なので便利です。

ふくさのたたみ方にもルールがあります。

ふくさをダイヤ型になるように敷いたら、
ご祝儀袋の表面を上にして、
中央よりやや左側に置きます。

そして、左→上→下→右の順にたたみましょう。

その後ふくさを裏返し、
飛び出している部分を内側に折り込んだら完成です。

ただ最近では、
すでに折った状態のふくさも売られています。

本のように開いて、
中の切り込み部分にご祝儀袋を挟めばOK!という優れもの。

なんだか、楽をしてしまっている気もしますが、
バッグの中でしわになる心配もないので、結構便利ですよ。

当日に受付で渡すときは、
バッグからふくさごと取り出し、
ふくさの上にご祝儀袋を置きます。

受付の人にご祝儀袋の正面を向け、
「本日はおめでとうございます」と言葉を添えて
渡すようにしましょう。