社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式の持ち物 > ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋の選び方

カテゴリ:[ 結婚式の持ち物 ]

ご祝儀袋には、いろいろな種類がありますよね。
結婚式に絶対に選んではいけないのが、
もろなわ(蝶)結びになっているものです。


ご祝儀袋にかかっている水引きには意味があり、
もろなわ(蝶)結びは簡単に結んだりほどいたりできることから、
出産など何度でも起きても嬉しいお祝いごとに使います。

けれど、結婚は一度きりで二度あってほしくはないお祝いごと。
そのため、真結びかあわび結びのご祝儀袋を選びましょう。

また、あまりに豪華なご祝儀袋は避けること。
金額に見合ったデザインを選ぶということも大事です。
ご祝儀袋を包んであるフィルムに
金額の目安が記載されていることが多いので、購入前にチェックを。

表書きは、寿や御祝と書いてあるものを選びます。
その下に、自分の名前をフルネームで記入します。

内袋にも自分の名前と住所を記入し、
包んだ金額を「参萬円」など漢数字で書きましょう。

袋の包み方にもマナーがあり、
慶事では上をたたんでから下をたたみ、
喜びを受け止める様子を表すと覚えましょう。

また、ご祝儀は必ず新札を用意します。
新札は、銀行の窓口で引き換えることができます。

きれいなお札を包むことで、
「今日のあなたに渡すために用意しました」という
お祝いの気持ちを伝えましょう。