社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式の服装 > 男性の服装

男性の服装

カテゴリ:[ 結婚式の服装 ]

男性の場合、結婚式はスーツが基本。
フォーマルな場なので、
パンツの裾はシングルのものを選びます。


ただ、私の先輩はスーツの色で悩んでいらっしゃいました。

部長は、乾杯の挨拶を頼まれていたため、
ブラックスーツ(礼服)に白無地のネクタイを締めていました。

部長以外の上司は、
ダークスーツにシルバーグレイのネクタイ。

ですが当の先輩は、まだ若く新郎と同僚だったため、
グレイスーツに色もののネクタイを締めるよう、
上司から勧められていました。

ただし、地域によっては
「ブラックスーツに白ネクタイが当然!」というところも。
心配な場合は、事前に確認を入れましょう。

男性が最も気をつけたいのは、ネクタイの色。
黒は喪服を連想させるため、絶対にNGとされています。
ストライプなど柄の入ったものでも、黒ベースは避けましょう。

白やシルバーグレイが一般的ですが、
カラーネクタイを選んだ際には、
ポケットチーフの色もそれに合わせるとおしゃれです。

逆に、靴下や靴は黒を用意。
靴は革靴が基本ですが、
尚且つ紐靴であることがフォーマルとされています。

男性は、女性ほど服装を華やかにすることは難しいですが、
普段会社に着ていくのとは一味違うスーツの着こなしを、
マスターできるとかっこいいですよ。