社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式の服装 > 女性の服装(着物編)

女性の服装(着物編)

カテゴリ:[ 結婚式の服装 ]

着物は、着付けが大変というイメージがあり敬遠しがちですよね。
でも華やかに見えるので、結婚式にはぴったり。
新郎新婦や親族の方にも、喜ばれるみたいですよ。


未婚の女性なら、振袖を着るのがベストです。

ただし和婚の場合は、お色直しで白無垢から振袖に着替えることも。
その際、着物の柄や色が被ってしまうのはタブーです。
可能であれば、事前にそれとなく確認を入れましょう。

振袖以外なら、訪問着か付け下げ、小紋を選びましょう。
ただし小紋は、少しカジュアルな着物になるため、
落ち着いた柄の江戸小紋に一つ紋をつけましょう。

既婚の女性の場合は、
色無地、訪問着、江戸小紋などを選びます。

着物の中では、黒留袖や色留袖が最も格式の高い着物となりますが、
それらは一般的に、新郎新婦の親族が着用します。

招待客として参列する場合は、
訪問着などにおめでたい色や柄の帯を選び、
格式高い帯の結び方をするとちょうどいいくらいになります。

着物は、色が控えめなものでも十分華やかになりますが、
お祝い事なので、着物の色も鮮やかなものが喜ばれるようです。

洋服と違い、多彩な色の組み合わせができるのが
着物の素敵なところ。

レンタルする場合は、呉服屋さんや美容室の方に
新郎新婦との関係を伝えて、
格に合わせた着物をピックアップしてもらうことをおすすめします。