社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式のテーブルマナー > ナプキンの使い方

ナプキンの使い方

カテゴリ:[ 結婚式のテーブルマナー ]


普段の食事では使うことの少ないナプキン。
実は、いろいろとマナーがあるのをご存知ですか?

まず、ナプキンを広げるタイミングは、乾杯の後。

料理が出てきたタイミングがベストです。

ただし、あまりぎりぎりまで待ちすぎると
サービス係りの方から「ナプキンをお取りください」と
声をかけられることもあるので注意を。

ナプキンは二つ折りにして、輪のほうをお腹側にくるように
膝の上に広げます。

口を拭くときは、左端を口元にもってきて、
必ず裏側で拭くようにしましょう。

このとき、ごしごしとこするのはやめて、そっと押し当てる程度に。

中座する場合は、ナプキンを軽くたたんで椅子の上に置きましょう。
もしくは、背もたれにかけてもOK。

退席する場合は、同様に机の上に置きます。
このとき、ナプキンをきれいにたたむ必要はありません。

くしゃっと丸めて置いておくことで、
「ナプキンをたたむことも忘れるくらい、おいしくいただきました」
という意味になります。

逆にきれいにたたむと、
サービスが悪かったという意味を与えてしまうので
注意しましょう。