社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式のテーブルマナー > 和食のマナー(食器編)

和食のマナー(食器編)

カテゴリ:[ 結婚式のテーブルマナー ]


毎日使っている食器ですが、
正式な場になるとなかなか難しいもの。

私は和食をいただく場で、

汁物のふたが開かずに焦ってしまたことがあります。

お椀のふたが開かないときは、
お椀の縁を親指と人差し指で内側にそっと押すと、
開きやすくなります。

あまり力を込めすぎると、
手が滑って中身をこぼしてしまうことにもなりかねないので、
落ち着いて対処しましょう。

また、お椀や器のふたは、
しずくを落としたあと、
基本的には器の右側に置きます。

料理がお盆にのって出てきているときは、
ふたはお盆の外側に、
突起を下にして置きましょう。

食べ終わたあとはふたを戻しますが、
このとき、ふたを逆さまにして
かぶせているのをよく見かけます。

「食べ終わりました」という合図なのかもしれませんが、
これは器を傷つける可能性があるので、タブー。
器のふたは、元通りにかぶせるのが正解です。

和食に使われている食器の中には、
高価なものもあります。

右手で箸を持ったまま、
片手で器を持ち上げるという行為はなるべく避け、
両手で大切に扱うよう心がけましょう。