社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式のテーブルマナー > 和食のマナー(お箸編)

和食のマナー(お箸編)

カテゴリ:[ 結婚式のテーブルマナー ]


結婚式で和食が出される場面には、
まだあまり遭遇したことはありませんが、
和食にもいろいろとマナーがあります。


中でも、他人の目に留まりやすいお箸のマナーを紹介しましょう。

お箸には、タブーがいくつもあります。
私も、無意識のうちにやってしまうことがあるので、
日頃から気をつけておくのがいいと思います。

まず、お箸は必ず両手で持ち上げましょう。
2本揃えて中央のあたりを右手で持ち上げ、
下から左手を添えます。

その後、右手を右方向に滑らせてお箸の下側に回し、
自分のちょうどいい位置で
左手から右手に持ちかえましょう。

箸をなめる「ねぶり箸」や、食べ物を突き刺す「刺し箸」、
箸を持った手で食器を持つ「持ち箸」などは、
よく目にするお箸のタブーです。

また、私がよくやってしまうのが「渡し箸」。
食事中に手を休めるときに、
食器の上に箸を置いてしまうことです。

これは、実はマナー違反なんです。
箸置きがあればその上に、なければ何かで箸置きを作りましょう。
箸置きにできるものがない場合は、せめて自分の小皿の縁に。

それから、他人と同じ料理を同時につまんでしまう「拾い箸」は、
お骨を拾うときと同様の行為。
縁起が悪いとされるので、結婚式の場では細心の注意を払いましょう。