社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式のテーブルマナー > ナイフとフォークの使い方

ナイフとフォークの使い方

カテゴリ:[ 結婚式のテーブルマナー ]

式場で席に着いたら、テーブルに
何種類ものナイフやフォークが並べられていると思います。
それらは必ず、外側から使うようにしましょう。


まずは、右端のスプーンでスープを。
そこから、料理が出てくる度に、
それぞれ一番外側のナイフとフォークをセットで使います。

ただ、仮に間違えてしまっても、
サービス係の方が持ってきてくれるので大丈夫。

食事の最中に席を立つ場合は、
ナイフとフォークをハの字に置きます。
このとき、フォークは背を上に、ナイフは刃を内側に。

料理を食べ終えて、お皿を下げてもらっても構わないときは、
ナイフとフォークを揃えて置きます。
フォークの背を下に向け、ナイフの刃は同じく内側にしましょう。

フランス式では、揃えたナイフとフォークを4時の位置に置き、
イギリス式では縦に置きます。
これは、どちらも正しい置き方なので、
特に気にする必要はありません。

誤ってナイフやフォークを床に落としてしまった場合は、
自分で拾うことは避けましょう。

軽く手を上げるか、
近くを通りかかったサービス係の方に声をかけて、
交換してもらうのがスマートですね。

また、スープを飲むときや料理を切り分けるときには、
難しいですが、なるべく音をたてないように。
正式な場ですから、上品さを常に心がけましょう。