社会人のための冠婚葬祭基礎マナー HOME > 結婚式の招待状が届いたら > 招待状返送のマナー

招待状返送のマナー

カテゴリ:[ 結婚式の招待状が届いたら ]

結婚式の招待状をもらうと、なんだか幸せな気分になりますよね。
新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えるためにも、
返送のマナーをしっかりと押さえておきましょう。


まず、招待状は早めに返送すること。
目安はだいたい1週間以内です。

もし出席できるかどうかわからない場合は、
新郎新婦に連絡してその旨を伝えましょう。
ぎりぎりまで予定が立たないときは、残念ですがお断りするのが礼儀です。

招待状の返送の方法は、
まず裏面の「御出席」「御欠席」の「御」を2本の斜線で消し、
出席か欠席のどちらかを丸で囲みます。

このとき、該当しないほうの文字(出席する場合は欠席の文字)を、
2本の縦線で消すことも忘れずに!

そして、余白の部分に一言を添えましょう。
出欠に関わらず、お祝いの言葉を述べると良いですね。

出席の場合は、「喜んで出席させていただきます」
欠席の場合は、「誠に残念ですが、欠席させていただきます」
と、お祝いの言葉の後に続けるのが一般的です。

住所と名前を書く欄に記載されている、
「御芳名」の「御芳」と「御住所」の「御」も2本線で消し、
住所と名前を書きましょう。

これで、裏面は完成です。

最後に、表面の宛名です。
新郎新婦の名前と、その下に「行」と書いてあると思います。
その「行」を2本の斜線で消し、「様」に書きかえましょう。

ちなみに、私は宛名面を「行」のまま出してしまったことに気づき、
会社の先輩だったので、慌てて謝りました…。

ですが、仮に不備があったとしても、誠意がこもっていれば大丈夫!
それよりも、返送を忘れてしまうことのほうが大問題です。
普段は筆不精の方でも、心をこめて丁寧に書いて返送しましょう。